大阪辛麺 唐吉郎 オープンしたてのラーメン店

R163 くるみラーメンの跡地にラーメン店が

できていました。

っていうか、いつの間に、くるみラーメンつぶれたんだ???

あそこは、ラーメン店がひっきりになしに

できてはつぶれる場所でした。

その中でも、くるみラーメンはかなり、長い間あったのに・・・

 

今回、

「大阪辛麺 唐吉郎」

「激辛の向こうがわ」のキャッチコピーってなので

辛いラーメン店というのが想像できます。

 

しかし、「激辛の向こう側」って、よく考えたら何だろう?

陰陽転嫁の話をしているのであれば、甘いってことかっ

陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる。

となると、激辛極まれば、激甘になる。

そうなると、氣志團の

「ピリオドの向こうへ」ってどこ?

 

っと、どうでもええ話はこのへんで。

 

メニューは、辛麺と辛くないのの2種類のラーメン

辛麺は1~15までのレベルがあり。

 

3が入門編

ちょうど、後ろのほうから、14を注文した人がいた。

いくねぇって思いつつ、せっかく、

15までやったら、15にしたらええのに・・・

ってまたまた余計なことを思ってたら、

後々、メニューをじっくりみていると謎が解けました。

 

♪嗚呼、謎が解けてゆく~♪

 

辛さによって価格変動制でした。

 

1~5までは通常料金 800円

6~10までが50円アップ

11~14までが100円アップ

15が200円アップ

 

レベル15になるとさらなるアップがありました。

だから、14を注文したのかぁ

納得!

 

そして、

おすすめ入門が3なので、レベルは3で注文しました。

 

これが、辛麺レベル3です。

ちょっと、みずくに慣れすぎてきたのか、

お上品な量に感じますww

麺は、細麺。

ベースのスープは、やわらかな少し

甘みを感じ、どっかで食べたことあるような

独特の何かの味がします。

思い出せませんが・・・

辛さは、3でほどよい。

甘いスープに辛み、これは赤玉ラーメンの

辛もやしと同じですねぇ~

 

次は、5か、10くらいもいきたい感じです。

次の話をするということは・・・

また、リピート予定です。

辛いのたまに食べたくなるので・・・

 

お店の名前の読み方聞くの忘れました。

「とうきちろう」かな?「からきちろう」かな?

「からよしろう」かな?「からよしお」かな?

「から・きちお」かもしれん。

そうくると、「とう・きちお」もあるなっ

 

では、せっかくできたラーメン店で

リピート予定もありますので、店舗情報も

掲載しておきましょう

 

店舗情報

  • 所在地:門真市打越町1-5
  • 電話:072-886-0963
  • 定休日:第3水曜
  • 営業時間:11:30~24:00(LO23:30)

スポンサーリンク